春の長雨・・・ 雨の日に思うこと

しとしとと長雨が続き、仕事にも影響が出ている人もたくさんいらっしゃることでしょう。

でも、イライラしても仕方がないので気分転換をしながら良い仕事を心がけたいものです。

以前リフォームをさせていただいたお客様の点検へお邪魔しました。ちょうど不具合が出ていて私はもちろん補償の範囲内だと考え補修をしました。

この不具合は、お客様には仕方がないことと割り切っていたのかもしれません。

昨日はお礼にとご自宅へ招待していただきお食事をごちそうになりました。いつも口癖のように言っているのでしょうね「芋が好き」と。

きちんと「芋」のご用意まで。とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

さて、雨の話ですが、雨といえば「傘」ですね

昨日は雨にもかかわらず私は「傘」を車に忘れてしまいました。

傘って忘れものの代表みたいなもんですね。先日、ある本の「物を大切にする」ことを読みました。必要な時だけ恩恵にあずかり、ちょっと不必要になるとその存在すら忘れてしまう。これは「感謝」の気持が足りない、本にはとりわけ「物」に対してのことでしたが、ふと、感謝の気持ちをもってすべての物事を見なくては心を失うな、と思ったものです。

一つ一つの出来事に、意味を持たせるためにも大事なことだと思います。

この長雨は、一つ良い教訓になりました。