パッシブハウス【燃費ナビ】セミナー

梅雨入りしましたね。突然の雷雨や大きな自信も頻繁でご心配な方も多いことでしょう。

災害対策は今からしっかりしておきたいですね。

もちろん、弊社でも災害対策は随時受け付けておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

さて、いよいよ住宅の省エネ義務化に向けた動きが急加速してきたと感じます。省エネ住宅、ゼロエミ住宅に対しては補助金制度などもありますます省エネ住宅しか建ててはいけない流れになってきました。

そんな中、正しくゼロエミ住宅を理解する上で無視できないのが「パッシブハウス」です。

住宅の外皮(断熱性能や気密性能)を高めることでゼロエミを目指します。対極に最近よく耳にするスマートハウス。これは高効率の設備、太陽光、蓄電池などによりCO2の収支をゼロにしていくという考えかた。これはどういうことかと言うと、同じゼロエミ住宅でも住む人の「快適性」が全く違うと言うことなのです(少し難しいお話ですがこれからの家づくりには絶対知らなくてはならない知識なので是非弊社イベントやセミナーでお話を聞いてみてください。住宅支援機構でも開催しています)

この快適性(断熱性能)は健康にも重大な影響を与えることが分かってきています(近畿大学 岩前教授の研究より。こちらも是非HP等でご覧下さい)

そんな中で正しくエネルギー計算をしようと開発された「燃費ナビ」のセミナーに行ってきました。

家は例え同じ形でも1棟1棟地域や方角によりそのエネルギーは変わってきますが、今までそこまで計算できるソフトは存在しませんでした。この燃費ナビは細部に至る条件を入力しその場所に建つ1棟のエネルギー量が計算できるようになっています。隣地に建つ家による日陰なども考慮することには驚きです。こうしてより正確な計算からどれだけのエネルギーコストがかかるのかを知り設計に生かすことができるようになります。

弊社でも早速導入しました。皆さまの省エネ(ゼロエミ)住宅づくりに必ずお役にたてるものと思います。

必ず来る省エネ義務化。これから住宅づくりを考えている方には、義務化されていないからまだいい、ではなく、将来建ててはいけない家を建てることなく是非ゼロエミ住宅を建てていただきたいと思います。

そのためには本物のゼロエミ住宅を私たちも追及していかなければならないと思います。

 

パッシブな家づくり、是非お気軽にご相談ください。