暖家支援プロジェクト【一棟涼暖】始動します

猛暑、台風、ゲリラ豪雨
 と、今年の夏も仕事的に天候には泣かされましたが、なんとか一段落。夏休みをいただきます。
先日、省エネ建築を目指す立石パッシブ倶楽部(パッシブハウスジャパンの省エネ建築診断士で、省エネ住宅を建て、お客様のより良い暮らしに貢献するために勉強、情報交換をしている有志です)で.面白い商品を紹介されました。ガラスなんですが、日射遮蔽と取得の反する性能を持ち合わせるというスグレモノで(分かりやすく言うと、夏の暑い日差しは遮り、冬の暖かい日差しは取り入れるということ)今後、採用に向けて検討したいと思いました。

あるCMで省エネを意識している人が増えているとのフレーズがありましたが、エコ意識が高まれば高まるほど、間違った設計、施工で建てられたいわゆるなんちゃって省エネ住宅をつかまされてしまう人が増えるんだろうなぁ、という事を二組のお客様とお会いし、実感する出来事がありました。
断熱材はしっかりしたものが入っているので省エネですよね。太陽光も4.5kwで
ウチでは、家づくりの勉強ができるイベントが盛りだくさんで、しかも無料です。
何が違うのか?勉強に来てもらえると、今建てようとしている家をより良いものにできると思います。
そのお手伝いをするのが暖家支援プロジェクトです。
もし、真剣に省エネを考えるのでしたら、例え他所で建てようとご検討中デモ洗いざらい教えちゃいます。
家づくりで後悔する人をなくそう!をテーマにスタッフも私も勉強しています。
休み明けから165万円が補助金としてもらえる住宅のゼロエネルギー化推進事業の採択モデル【一棟涼暖】をいよいよ始動します。
現場公開、完成モデル見学会を開催しますので真の省エネ住宅の実物を体感したいただけたら幸いです。