長寿命住宅【北欧館】【TORETTIO】情報をお届けします

今年も一大イベント「がってん祭」が無事終了いたしました。多数のOB様、近隣の皆様、お忙しい中お越しいただき誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

さて、現在建築中の新ブランド「北欧館」も最終工程段階となってまいりました。この北欧館は、住宅そのものがもっている高性能をパッシブ設計によって、その実力がいかんなく発揮できるように想いを込めて設計しました。

今回はその中で「気密」という性能についてお話します。

「高気密・高断熱」というフレーズは今や常識となってきていると思います。ハウスメーカーのカタログにもQ値(断熱性能を表す数値)やC値(気密性能を表す数値)が書かれているものも多くなりました。

気密性能は「C値」で表しますが、一般的な住宅は床面積1㎡あたり約9c㎡です。昔は「風通しの良い家」とあまり気にされなかった造りです。30坪くらいの住宅だと家じゅうの隙間を集めると30㎝角の穴が開いている住宅となります。これでは暖房や冷房もテントの中で使っているようなもの。エネルギーダダ漏れですね。公庫の基準ではC値は5c㎡/1㎡ぐらいです。

ハウスメーカーのカタログにも最近はC値が載っていますので家づくりを検討するときは確認したい数値です。ハウスメーカーによって0.7c㎡ぐらいの数値を書いています。

この気密はどのようにして出すのかというと、実際に建てた家を1軒1軒測定するしか方法はありません。なので、カタログに載っている数値は「予測値」となっています。また、実際にC値を計測しているハウスメーカーは、ほとんどないと思われます。つまりはこの性能を担保することは「困難」なのです。

気密性能を高めるには、技術者の現場での経験知識、施工が必要です。気密性能「C値」を知らない大工さんが建てている家が性能を出せるわけはありませんので、この性能は比較的「無視」されているように思います。

気密性能を良くして何が変わるの?との質問に先ほどのようなエネルギーダダ漏れ・・・という答えだけでは少し浅はかです。

みなさん車に乗ってドライブをされた経験はあるかと思いますが、車の気密性能はとても高いです。ただ、長時間乗っていても快適に過ごしていませんか?これは、「換気」がとても重要な役割を果たしているからなんです。

どんな家でも換気は出来るんじゃない?と思ったあなた。ぜひ試していただきたいことがあります。簡単な気密実験テスト「ジュースを穴の開いたストローで飲む」をやってみてください。おそらく全然吸い込めないと思います。これはジュースを吸う前に穴から空気を吸ってしまいその空気だけが口の中に入ってきてしまうのです。家も同じ。気密性能がわるい家だと、実は換気がうまくできていなくて、本当は汚れた空気(ジュース)を出したいのに換気扇のそばにある隙間から入ってきた新鮮な空気を出しているだけなんです。

気密性は室内の温度や湿度(エネルギーダダ漏れ)も大事ですが、室内環境(質の良い空気)にも大きな影響を与えていたんです。超高気密の住宅に住むと空気環境がよいので「風邪が引きにくくなった」り「喘息が軽くなった」などの調査結果も発表されています。

気密を大切にすることで、ご家族も建物も健康でいられる。

この「北欧館」の気密性能は当社過去最高の0.07c㎡。この数値は約2.6mm角の穴ということになります(当然のことですが実測しています)

職方の、スタッフの努力があってこそお客様に高性能な住宅をお届けできると本当に思いました。

11月には完成し内覧会を行いますので、この家の快適性能を是非体感してください。

「さあはじめよう!30歳からの家づくり」

北欧規格住宅「TORETTIO」も同性能を有し好評販売中です。洗練されたデザインをご覧ください。

巨人軍の監督に高橋由伸選手が抜擢されたようです。若いのに優勝を宿命づけられた巨人軍の監督を引き受けた高橋選手はとても強い意志をもってこの話を受けたことが分かります。代打の切り札として今でも好成績を残していて、まだ現役も続けられるのに、「両立は難しい」と。覚悟をもってまい進します!の言葉に信念を感じました。

健康な暮らしを守る、豊かな暮らしを創る、その使命をしっかり担って家づくりの役に立たなければと改めて思いました。