【北欧館】内装仕上げ工事にはいりました

北欧テイストの家【北欧館】もだいぶ形になってまいりました。

前回は気密についてのお話をしましたが、なぜこの気密が重要なのかを今回の内装仕上げの「こだわり」をまじえてお伝えしたいと思います。

気密にこだわるのは、空気の「質」にこだわっているためです。建物の隅々まで換気が十分にされていつも新鮮な空気の中にいられるようにしたいためです。

人は人生の半分以上の時間を家の中で過ごしています。最も多く呼吸している空気は「家の空気」なのです。この家の空気が新鮮であると、健康にも多大な影響を及ぼします。健康な家づくりの一つを見事に担っているわけです。

よく、「自然素材で空気がきれい」というフレーズを耳にしますが、その前にやることは「家の空気の入替」でなければ意味がありません。空気が制止するところは残念ながら「カビ」などが発生する要因になってしまいます。

【北欧館】は超気密住宅で空気の入替には全く問題がありません。熱交換型の換気システムは、高断熱、高気密によりより性能を発揮して室内温度を一定に保ち続けてくれます。

文句の付けどころない環境なのですが・・・

これからの乾燥する季節には一つだけ気になることがあります。換気が良すぎる=乾燥してしまう、というデメリットも発生してしまうことが分かりました。

冬場は加湿器をつけてください!って省エネを推進しながら少し後ろめたい気持ちになるアドバイスをしなければならなかったのです。過乾燥は風邪をひきやすい環境となってしまいますからどちらが優先といえば健康優先になって加湿器をすすめてしまうわけです。

【北欧館】の設計はこの乾燥をどうにかすることが一番の肝でした。

今回それを解決してくれるのが内装の仕上げ材です。そう、皆様がよくご存じの珪藻土です。

???だから? とお思いになるかもしれません。珪藻土を施工している住宅はたくさんありますし別に特別なことではないんじゃない?と。

それでは、なぜ珪藻土が解決してくれるのかを解説いたします。悩みだった乾燥は珪藻土の調湿機能を最大限に活用することで室内の空気環境を良くします。今回は3つの問題を解決しました。

第1に調湿機能に伴うリスクの解決。珪藻土は湿気が多いとその湿気を吸い込み、乾燥すると吐き出します。その時は化学物質も吸い込んだり吐き出したりします。まず、化学物質を分解することが必要。珪藻土にその力はありませんのでFFC技術を活用します。

北欧館は化学物質を分解してその呼吸を珪藻土にはさせません。だからきれいな空気。

そして、第2に加湿です。加湿器を利用することは良いと思いますが、弊社のオフィスも同じ構造のためか過乾燥で、加湿をすると水はすぐに無くなり結構な手間です。電気代もかかりますし。家の中で一番湿気多い場所はどこだろう?そう、お風呂です。

北欧館はなんと浴室の換気を室内に取り込みお風呂の湯気を加湿器代わりに利用しています。外壁に貫通穴を開けないで済むこともメリット大!洗濯物の室内干しも有効ですが、ダイレクトに湯気を取り込めるほうが加湿器としての機能を果たしてくれます。そのために珪藻土の調湿機能が重要だったんです。

第3に湿度の高い時期の換気不足への配慮です。これは、前回から耳タコの「超気密」が解決です。採用している換気システムエコエア85は風量の調整も可能です。超気密効果でその能力を最大限に発揮できるようになっています。

いよいよ今月21日(土)から3日間、【北欧館 イベントハウス】がオープンです。

この空気環境を一度体感して、皆様の暮らしにお役に立ててほしいと願っています。

補足ですが、断熱サッシとか内窓とかを施工し、結露の悩み解決!と聞くことがあります。もちろん効果はありますが、それだけで結露が止まったと思うことは少し安易です。結露の起こりやすい冬場は乾燥する時期でもあり、過乾燥による絶対湿度の低さで結露していない場合もあります。

特に高気密、高断熱をうたっている住宅ではその傾向があるかもしれません。できれば温湿度をしっかり測定してみましょう。日本の住宅の窓性能では通常の湿度を保つと結露してもおかしくありません。それでも結露しないためには木や樹脂のトリプルサッシぐらいの性能が必要ですよ。

■TORETTIO 資金計画セミナー 11月1日 詳しくはイベント情報からどうぞ