【電力自由化】がまもなく始まります

 

お客様から電力自由化についてご質問をいただきました。

少しでも光熱費が安ければありがたいと、主婦の皆様にはとても関心のあることです。

調べれば調べるほど、プランの多さにどの電力小売り会社と契約するのがお得なのか?の答えはなかなか出てきません。

ライフスタイルは各家庭で違いますので、インターネットで出来るプランのシミュレーションなどを活用してみるのもいいと思います。

カタチのあるものと違い景気などにも左右されることを考えると住宅ローンのように「これが正解」とは言いづらいものかもしれません。考え方としては得は得でも「納得」出来るものを選択することが一番いいと思います。

テレビでも頻繁に電力小売り会社が宣伝をしています。個人的には「なんか自由になるんじゃないの?」のフレーズがツボです。わからないことだらけを象徴しているようにも感じますが。

電力会社との契約について気を付けたほうがいいな、と思った点をいくつか挙げたいと思います。

①契約期間の縛り

一定期間の契約は、もしほかに変えたいと思った時には違約金が発生する

②オール電化の場合、深夜電力の割引がない場合がある

③太陽光発電の売電額と買電額が今と比べてどうなるか

④現在の電力会社から他の電力会社へ一度契約してしまうと、前のほうがよかったと元に戻したくても依然と同じ料金体系の契約ができない可能性がある

⑤引っ越しの際は前もって契約をしておかないと引っ越し当日に電気が来ないことも

など、ほかにも今までとは違う問題点があるかもしれません。

ご注意いただきたいのは詐欺!

電話がかかってきてかなり安い値段を言ってくるなど。電力は薄利多売のために、異常に安くすることは不可能です。

また、太陽光発電や蓄電池などの販売も電力自由化には何の関係もありません。自由化になる前に契約したら売電価格が高くて元が取れるなど、便乗的な商法にも気を付けなければならないと思います。

電気代を安くしたい!気持ちから行動することは決して間違いではありませんが、やはり、エネルギーを使わないで光熱費を安くすることを忘れてはいけないと思います。極力電気を使わないですむ省エネな住宅にしていくことが年間数千円の電気代の削減よりも長期的に効果があると思います。

ライフスタイルを見直して必然的に省エネへの意識が高まり、環境配慮がなされていくことも期待したいです。