2017年 新年ご挨拶

新年のご挨拶

 皆様 明けましておめでとうございます。

本年も幸せが訪れる家づくりを、地域の皆様に密着してお届けすることを誓い、精進していきたいと思います。

がってんしょうちは、このお約束を守るために「3つののこす」を実践します。

一つは、皆様の大切な家をのこす。

35年のローンを払い終わるとすでに2051年です。国策では2050年には100%住宅のゼロエミッョンを掲げていますが、すでにその目標の年を超えるわけです。ですから、今、家づくりをすることは2050年より先を考えなければならないということです。

昨年はZEH(ゼロエネルギーハウス)元年とも言われ、住宅のゼロエネルギー化を推し進めていく国の施策も本格化してまいりました。ここにきて各建築会社はゼロエネルギーハウスに取り組み始めましたが、すでに5年前より今の状況を確信しゼロエネルギーハウスを建ててきた私は、一朝一夕でできるものではないと自負しています。何が違うのか?幸せな家づくりを少しでも多くの方に実現していただくための実際の建物建築現場、家づくり教室で皆様にお伝えいたします。リフォームでも同様なことが言えます。省エネに対する豊富な知識と経験で地域の皆様の暮らしの問題を解決することを誓います。

二つ目職人の技と想いをのこす

住宅のプレハブ化は性能的には安定しますが、家づくりをよく知った職人が手がけることは、より性能を高めることにつながっています。もっと重要なことは、長期にわたるメンテナンスをするのは、その家づくりに携わった職人たちであるべきではないでしょうか?大切なことを分かるからこそ確かなメンテナンスが出来、住宅の長寿命につながります。

長期優良住宅の肝は確かなメンテナンスです。しっかりした点検とメンテナンスを長期優良認定住宅では行政に報告します。いつでも家の状態が分かることも安心につながると思います。

三つめは会社をのこす。

もし、会社がなくなればその地域の家を守る人がいなくなることになります。そうならないために、より地域に密着してどんなことでも暮らしの相談ができるパートナーでいることが重要だと思います。

今年も皆様のお役に立つ勉強会やお楽しみいただけるカルチャースクール、お祭りなどを開催いたします。

より深く皆様と関わり合いが持てるように努力いたします。

今年も一年家づくりだけでなく。皆様に幸せな暮らしが訪れるよう祈念し仕事をさせていただきます。本年も宜しくお願い申し上げます。