夏のエアコンを上手に使うコツ

気が付いたら夏!お暑うございます。熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ。

この暑さをしのぐために皆様もエアコンを使用されると思いますがエアコンは省エネの敵!と会社でもご自宅でも極力エアコンを使わないで我慢している光景を見かけますが。

実際にエアコンの消費電力を考えると面白いことが分かりました。

以前より当社のスーパーウォール住宅はエアコンをつけっぱなしにしても高気密、高断熱効果によりエアコンはそんなに頑張ることなく常に一定の気温を保つので消費電力は極めて少なく、逆に我慢してエアコンを止めてしまい、いよいよとなってエアコンをつけると暖まってしまった室温を快適な空気環境にするのにかなりエネルギーを消費してしまいます。ならばつけっぱなしのほうがお得という結果になります。

室温の設定での差も、最新の高性能なエアコンは上手に調整をしてくれます。例えば室温設定をよく言う推奨の28度から27度にした場合(正直28度は私は暑いと感じ体調がすぐれません)消費電力の差はほぼ無いに等しくならば少しでも快適な温度設定にしたほうが良いのではと?考えます。(これは住宅性能がだいぶ影響していると思いますのですべての家に当てはまることはないのでご注意ください)

もちろん、省エネの意識が高まった東日本大震災の教訓を覆すものであってはいけないと思いますし、とはいってもエアコンを全くつけないの消費電力はゼロなわけで究極の省エネはエアコンをつけないことに勝るものはありません。

ただ、住宅において真の省エネを目指すなら、健康に対する配慮を忘れないで消費電力を減らすことが正しい考え方です。

熱中症は自宅での発症が最も多いとのデータもあります。エアコンの風が嫌い、省エネじゃない(贅沢だ)と理解なしに忌み嫌うことはあまり賢い選択ではないと思います。

住宅を高性能にするとエアコンの風をダイレクトに感じることが少なくなります。局部的ではなく家全体が均一に冷房されます。設定温度によってはついているのかどうかも分からないくらい微風です。

このことからも、新築でもリフォームでもこれだけ真夏日が続く現代の日本では私たち温暖地域でも、より高断熱、高気密が重要になります。

この事実を少しでも多くの方にお伝えできるよう、夏のスーパーウォール体感フェアーをご案内しております。まず体感してみましょう!

わが家をもっと好きになるために!

 

先日、地鎮祭を執り行いました。猛暑の中でしたが滞りなく終えることができました。

この出会いに感謝をしよりよい家づくりに尽力したいと思います。

 

~お知らせ~

注文住宅をご検討の松戸市/流山市/柏市/我孫子市のお客様へ

LINE友達登録でお得な情報をお送りしています。